香りのセラピーサロンsola ‘アロマに包まれて心と体のメンテナンス’ヘナ教室・ベビーマッサージ アロマテラピーアドバイザー 広島県東広島市高屋町造賀

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

solaからのお知らせ

※タイトルをクリックして記事詳細をご覧ください。

image

サロン リニューアル!! (2017-11-27 発信)

トリートメントの部屋ができました。
これまでは、
ヘナ教室&㈱solaの事務室&トリートメントスペースが
約6畳の部屋でひしめきあっていたのでした。
あれこれ物の配置を工夫して
あー動かしたり、こー動かしたり
しておりましたが。
整理整頓の苦手な私は
お客様に最高のおもてなしを提供できていないのではないか・・・
と思い至りまして。
トリートメントスペースを増築しました。

間接照明と淡いグリーンの壁
出来上がってみると、おお!なかなか良いではないか!
と自画自賛するのですが
何も無いところから造って行く道のりはなかなか大変でした。
何故ならば
全ての選択肢が目の前にあるからです。
アジアン調、フランス調、カントリー調か
ウッドハウス系かモダン系か
自分は何が好きなのか? 自問自答の毎日でした。
で、結局、私はそのどれでもないのです。
たまたま元からあった家具がカントリー調だったので
そうなりましたが(カントリー調が好みなんでしょうか?)
気分によってフルチェンジできる要素を残しています。

外壁の色や窓枠の色も
全ての選択肢から選べるとなると
本当に難しかった・・・。
悩みに悩んで今回は白い壁に赤の窓枠にしました。
朝ドラの「ひよっこ」鈴ふり亭のマネです・・・
ああ・・でも、イメージとぜんぜん違うのです・・・クスン(涙)
ものすごいショッキングレッドの窓枠なんです。
そして外壁もツルツルの光沢のある真っ白。
(鈴ふり亭はちょっと剥げかけたレトロ感のある白色
の外壁に少し抑えたダークな赤&ピンクっぽい窓枠)

赤は赤でもいろいろあるのです。
白もいろいろあるのです。
工務店さんともそこは何度も打ち合わせをしたのですが
私の優柔不断さが際立つ結果となりました。
まあ、私が決めたことなのでそれでOKということで
今は気に入っています。
真っ白ツヤツヤな壁に
ショッキングレッドの窓枠の
solaの新しいサロンに遊びに来てくださいね!!

涼しくなりました (2017-10-09 発信)

朝晩めっきり秋の気配。
空がきれいです。

人間の世界では、ざわざわと いろーんなことが起きていますが
自然はその摂理のままに
変わらず私たちにこの環境を与えてくれています。
風が吹いて雨が降って
日光が降り注ぎ
朝がきて夜が来る。
秋の実りも惜しげなく授けてくれる。
人間たちがどんなに悪いことをしても
自然(地球)を傷つけても
変わらず酸素や光や食べ物、水を与えてくれる。
なんて有難い。
これが愛なのかな って私は思う。
相手がどうであれ
見返りを求めず
与える。
時には災害(試練)という形で警告を与えてくれる。
私たちはそのことを恨むけど・・・
その時は必ず、何かを学び取らなければならないと思う。
試練は、内面の成長のために必要なことだから

その試練をとおして
幸せを感じることができるようになれたらすごいことだと思う。
愛はときには「試練」という仮面を被って
目の前に現れる。
そのことに気付けるかどうかは
わたし次第。

わたしは、そんな愛を与えられる人になりたいな と思う。

と、いうことに気付いただけで
まだまだ未熟者ですよ。もちろん!えっへんッ!(それ胸張って言う?笑笑)
一緒に切磋琢磨していきましょうねえ~

あるがまま (2017-09-23 発信)

あるがままを受け入れる。
ありのままに・・・
「アナと雪の女王」という物語の中でテーマとなった言葉。
この言葉を噛み砕いて理解したいと思っています。

いま、私が息子たちに言っているのは、
二つの道の目の前で、どちらに行くべきか迷ったときは
そのどちらにも一長一短があるのだから、そこをよく考えて
自分がより納得できて、短所を受け入れられる方に進むといいよ
と言っています。
その物をよーく見てその周りに付随している事柄も考えないと
良いところも悪いところも見えてこないので
これはなかなか簡単ではないかもしれません。
この考え方は
ものごとの全てに当てはまるのではないかと思います。

こうなったらいいな、とか
あんなことが自分の身に起きてはいやだな、とか

人は無意識のうちに考えたり祈ったりしています。

で、自分の進む道で、突発的に何かマイナスのことが起こったとします。
こんなはずではなかった!○○が悪いからだ!と
何か他のもののせいにして恨んだりします。

でも
「ありのままを受け入れる」
ってフレーズを思い出して
気持ちを切り替えると、どうでしょう?

その突発的な出来事が、恐れや恨みや悲しみに結びつく出来事だと
しても
それは学びに変わる可能性がありませんか?

もちろん、そこに重大な過失があるなら回避する
対策を講じる必要もあるわけで、
何も無防備でいる必要はないのですが

自分自身がありのままにいられることも重要ですが
(これもまた簡単ではないと思うけど)
いろいろな出来事をそのまま受け入れて学びに変える力も
必要ではないかな、と考える今日この頃です。

「アナと雪の女王」のもうひとつのテーマ
愛・・・
「自分より大切な人を愛する」気持ち
これも考えていると 深いです。
では・・・またこんど。

あ、でも。
田舎暮らしがしたいとか
ベビーマッサージとヘナと、アロマトリートメントがしたいとか
この仕事を選んだ時には、まーたっく何もかんがえていなかった。
直感!でした~(笑笑)

お知らせ一覧を見る